RSS | ATOM | SEARCH
バンコク研修

みなさんこんにちはMASASHIです。

 

バンコクに研修旅行に行ってきましたよ(笑)

 

約2年前に一度行きましたが、今回再バンコクです。

微笑みの国らしくどこに行っても笑顔で迎えてくれて感動しました。

 

そしてワットプラケオです。

 

本堂の中にはこの国でもっとも重要な仏像である「エメラルド仏」が鎮座しています。

これは形から察すると15世紀頃、北タイで造られたという説と手の形からスリランカで造られたという説があります。

もともとチェンライで1437年に発見され、その後ランパーン、チェンマイ、そしてラオスにも226年置かれていたことがあるそうです。

1778年トンブリー側に都を県都したタクシン王によってバンコクに持ち込まれ、1784年、エメラルド仏を安置するため本堂が建てられました。

幅48cm、高さ66cmの意外と小さい仏像だと言うことに驚かされます。年に三回衣替えをしますが、これができるのは王族のみです。

 

みなさん見えますか?

 

 

author:スルガ自動車学校スタッフ, category:自動車学校, 00:01
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:01
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://sulganow.jugem.jp/trackback/3595